個性分析

個性分析「感動力」・話題が尽きない人の秘密

誰かに話したいこと、心の中に沢山ありますか?

楽しいことや面白いことがあったとき、感動したとき、悲しい出来事に遭遇したとき・・・・

「このことを話したい」「聞いて欲しい」と思うことありますよね?

そんな気持ちが常に心にあふれている人は、それがすべて話のネタになるので、会話に困ることがありません。

こうした、様々な感情を心に蓄積できる力を「個性分析」では「感動力」と呼んでいます。

つまり「感受性の豊かさ」のことです。

周囲にいる「話題が豊富でおしゃべりが楽しい人」のことを思い浮かべてみると、彼・彼女は日常の中でも「楽しいこと」「気になること」「面白そうなこと」を発見するのが上手ではありませんか?

会話が弾まないのはスキルのせいじゃない

「仕事もつまらない、友達とも疎遠、親は口うるさくてうっとうしい、休日も家でゴロゴロ・・・だって趣味もないし・・・」なんて過ごしていませんか?

こんな風にしていると何に対しても心が動かなくなり、楽しみ方も忘れて、感情がどんどん平たんになってしまいます。
これでは心に何も感情が湧かず「話したい事」も蓄積されません。
結果、人との会話も弾まなくなってしまいます。


会話上手になるためには、ありふれた日常の中で驚きや喜びを見つけ出せる感受性の豊かさが必要です。

感受性が薄いと会話は弾まない

 感受性を豊かに育てるためには、 何事も、つまらないとか関係ないとか、簡単に切り捨てず、じっくりと物事を味わってみることが大切です。

時間を忘れるくらい趣味に没頭する、苦手なことでも試してみる、ずっと気になっていることを始めてみる・・・そうして突き詰めていくうちに、「もっと楽しみたい」「人の意見を聞いてみたい」「人に話してみたい」「この気持ちを分かち合いたい」・・そんな新たな感情が湧いてくるはずです。

それがすべて「会話のネタ」であり、こうして心に蓄積していくことが「話題豊富で会話が弾む人」への近道です。

ネタが出来たら次は「話題力」

心にネタが蓄積されたら次に大事なのは「話題力」
ネタが溜まっても、自分の中であたためているだけでは人とは繋がれません。

しっかり蓄えたら、次は「伝えてみましょう」
伝える力を指す「話題力」とネタを蓄積する力である「感動力」の相乗効果が大切です。

ネタができるから、話したくなる。話すことでまた様々な感情が蓄積され、好奇心が刺激され、更に行動したくなる、その行動が自分の中にまた感情を蓄えていく・・・
このループが出来たら、あとは「伝える意欲」を持つことで会話上手に一直線です!



「話題力」については下記記事も参考にしてくださいね。