婚活コラム

「ハイスペック女子」の婚活は難しい?男性の本音は?

学歴、職業、収入・・・良すぎる女性は婚活が難しいはホント?

有名企業勤務で高学歴、高収入・・・そんないわゆるハイスペックと言われる人は男性ばかりではありません。
今どきはハイスペック女性も沢山いらっしゃいますよね。

そんな彼女たちから

「院卒なので男性が卑屈になっちゃって」
「大手勤務なので男性が引いちゃうんです」


というような声がよく上がります。

実際は、東大卒でも有名企業勤務でも結婚する女性は沢山いますし、その場合必ず男性が女性より更に高学歴だったり大手勤務だったりということもなく、もちろん彼女たちが妥協したわけでもありません。

では男性はハイスペックな女性をどう見ているのでしょうか?

学歴が高い男性ほど女性の収入を気にする?

男性が女性の学歴に気後れして引いてしまうという姿、もちろんあります。
けれど、それはお見合いの席で知った一瞬などであり、いつまでも持続しないと感じています。
意図せず、すごかったんだ!とわかると一瞬引きますよね。
でも、結局魅力があれば惹かれて、自分を認めて貰おうと頑張りますから、スペック自体があきらめる理由になることは少ないです。

しかし、一方で、高学歴だけれど収入が高くない男性ほど女性の収入には敏感だと感じるシーンはあります。
聞いてみると、見下されそう、プライドが保てなさそうとのこと。
プライドがある故の難しさですね。

一方でしっかり稼ぐ男性は、稼げる女性の方が話が分かる、共倒れしないから頼もしい、女性もどんどん稼ぐべきなど、ハイスペックな女性に目線が向きやすい。

スペックが高ければ高いほど見合う男性に求められる良さもあります。
ただし、共働きを望む方も多いので、高収入の方と結婚して専業主婦にと考えると今の時代はやや難しい。社会で活躍している女性が好き、と皆さんおっしゃいます。

共働きするしないなどは話し合いかと思いますが、いずれにしても自分の今までの努力の証に対して卑屈になる必要はありません。

スペックで引くわけじゃない

婚活の現場を見ていると、本気でこの女性がいい!と思えば、スペックなど気にせず果敢にアプローチする男性は少なくありません。

現実を見ていると男性が「ハイスペックな女性」を避けているというより、自分より年収や学歴の低い男性は受け入れられないという女性側の問題の方が婚活の進展を邪魔しています。

でも条件にこだわることの全てが悪いのではありません。
なぜなら、決して威圧的だったり、上から目線だからでなく、とても生真面目で慎重なタイプがそうなりやすいのです。
未来が心配で、見える価値に重きをおくため、学歴や勤務先、収入を幸せの裏付けにしがちで、不安解消のために「自分よりスペックのいい人もしくは少なくとも同等の人と結婚したい」という願望が強いから。

しかし、不安解消での婚活はやはり上手くいきません。
また、収入・学歴・外見すべてを求めるなら、自分もすべてを整える必要があります。

条件だけでなくお相手の人柄にもしっかり目を向けてみませんか。
期待するほどのスペックでなくても、人一倍寛容だったり、協力的だったり、リーダーシップがあったり、とにかく楽しかったり・・・自分を幸せな気分にさせてくれる人とであれば豊かな人生が歩めます。

実際、ハイスペック女子が同年代と結婚する場合、年収は自分と同等かやや低いけれど仕事を応援してくれる、家事は完全分担してくれたりむしろ男性の方が多くやってくれる、女性主導で物事を決めさせてくれるなど、仕事が忙しいと障害になりやすい部分をカバーしてくれる男性と結婚される方が多いのが現実です。

知らず知らずのうちに、スペック主義になっていませんか?

男性が引いているのは、過剰に意識しすぎな態度に対してかもしれません。自然体でいきましょう!
未来は二人で作るものと考え、視線を少し広げてみることで、良いご縁も舞い込みますよ。


「どうでもいい人からばかりモテる」その理由婚活で恋人対象結婚対象にならない人からばかりモテる理由は?自己肯定感も大切なポイントです。...
関連記事はこちら